日本流星研究会に入会を考えてみえる方へ

 右の「ダウンロード」をクリックしてword版の申込書を取り出すことが出来ます。もちろんテキストに書いていただいて、電子メールで直接お送りいただいてもかまいません。

ダウンロード
日本流星研究会入会申込書.docx
Microsoft Word 31.1 KB

ご案内 日本流星研究会について https://www.web-nms.com/

 

 当会はアマチュアのボランティア組織で、会員の会費と寄付で成り立っている会です。1968年に、日本における流星観測者や流星研究者の同好会として創立されました。当会はアマチュアだけでなくプロの研究者の参加もあり、勉強会・研究会等を行い、また、会員同士の交流親交を図っています。

 

 「流星会議(総会)」は会員外にもオープンで毎年1回開催されるもので、顔と顔を合わせて、研究発表・シンポジウム・講演等により流星や流星群の観測・研究について検討を行い、流星について熱く語り合います。また、登録制のメーリングリストを持ち、情報交換の場としています。

 

運営

会の運営は任期2年の幹事によって行われています。社会人のボランティアで専従者はいませんので若干の対応の滞りはご了承ください。

 

入会条件

流星に興味があり、親睦、研究をしたい方、流星の研究に何等かの協力をしようと思われる方であればどなたでも入会できます。

 

特典

機関誌『天文回報(観測の指針・観測結果・解析結果・各種案内等を掲載)』が毎月送られて来ます。投稿の権利もあります。このほか不定期発行物が発行される場合があります。NMS主催の流星会議やシンポジウムなどで、直接指導を受けることができます。会議によっては会員割引が設定される場合もあります。

 

会費

年会費  一般:4000円 学生(大学生以下*):1000円 (いずれも入会金はありません)

 * 詳細はお問い合わせください

学校のクラブ等も学生会費になります。ただし、会員特典が生じる場合は1名のみ有効となります。

学生会員の方は郵便振替による送金とし、通信欄に学校名・学年を記入してください。

会費納入期間 前年101日~年末

会計年度は1月~12月です。途中入会の場合でも全額を納入いただきますが、年初分から回報をお送りします。

送金は1年分のみとしてください。年会費を上回る分は寄付とみなします。会費納入期間以降の納入は、再発送手続きまでに数ヶ月かかる場合があります

本会は会費前納による会員継続を原則としています。期日までに会費を納入いただけなかった場合、休会されたものとみなし天文回報等の発送を停止します。これは、退会される方の送料等の未回収のリスクを最小限にとどめる措置でご理解ください。会費納入が確認されれば年度当初にさかのぼって発送が再開されます。

 

入会方法

入会申込書に必要事項を記入し、郵便またはメールで事務局まで送ってください。また初年度会費を送金してください。事務局に入会申込書が到着し、当年度会費の入金の確認ができた時点で入会手続きが完了したことになり、当年度発行済会報等が送付されます。

 

送金先

[銀行] 松本信用金庫 穂高支店(マツモト シンヨウキンコ  ホタカ シテン)

普通口座 店番/007 口座番号/0278912  口座名/丸山卓哉(マルヤマ タクヤ)

[郵便振替] 郵便振替00560-8-73496 日本流星研究会 

 

事務局 e-mail : takuya-m@juno.ocn.ne.jp phone & fax: 0263-81-3310

399-8303 長野県安曇野市穂高 5065-4  日本流星研究会事務局  丸山卓哉

携帯電話 090-1217-9197